一般歯科 小児歯科 予防歯科 インプラント 審美歯科

箕面市小野原 無痛治療インプラント審美歯科 平野歯科クリニック

大阪府箕面市の平野歯科クリニックでは、患者さまの立場に立った丁寧なカウンセリングと、痛みの少ない治療を心がけています。茨木市、吹田市からも多数ご来院されております。

ご予約・お問い合せ=072-743-5475

診療のご案内Medical

ホーム診療のご案内 > 小児矯正

小児矯正

子供たちの健やかな未来のために
「不正咬合」のことをきちんと知って
今から治療を始めましょう。

歯並びが悪いこと(不正咬合)と矯正治療について

不正咬合イメージ不正咬合は、あごの発育に問題があったり、歯が大きすぎたり 歯の生える位置がおかしかったりすることで起こります。

不正咬合があると、歯並びだけではなく、あごが前後や横にずれてのバランスが悪くなるとともに、食べ物が噛めない・飲み込めない・しゃべりにくい(口腔機能の不良)、鼻で呼吸ができない(呼吸機能の不良)、姿勢が悪いなどの機能異常も見られます。

矯正治療は、装置によりあごの発育に問题のあるところを正常に戻すとともに機能訓練を行ない、歯並びや顔のバランスを良くし、口や呼吸、姿勢などの機能も改善します。

不正咬合ってなに?

歯を支えている骨や上下のあごのアンバランス(=発育不良)などが原因で起きている悪い歯並びのことです。

上顎前突

不正咬合イメージ

上の前歯が下の前歯より飛び出しています。

下顎前突

不正咬合イメージ

下の前歯が前に出て、「受け口」の状態です。

開咬

不正咬合イメージ

奥歯で噛み合わせたときに前歯が開いたままになることです。

叢生(そうせい)

不正咬合イメージ

歯並びがガタガタしている状態。「八重歯」も叢生です。

不正咬合の子供たちによく見られる「体の赤信号」

口で呼吸していることが多い

ロ呼吸をしていると、空気中のばい菌が喉から体内に入ったり、口の中が乾爃してむし歯になりやすい状態をつくったりします。
また、無呼吸症候群など睡眠障害を引き起こすこともあります。

口がいつも開いている

口が常に開いたままになっていると、唇の筋肉が発達不良になり、唇が閉じにくくなります。
また、前かがみの姿勢になりややすく、背骨が曲がったまま成長してしまう恐れもあります。

よく噛まずに食べる

よく噛まずに食べると、口元の筋肉やあごの成長に悪影響を与え、消化不良を引き起こそう原因になります。

不正咬合によって、子供たちの正しい成長が妨げられてしまいます。
「体の赤信号」に早く気付き、専門医にご相談ください

どうすれば治るの?

不正咬合の専門的治療方法『顎顔面矯正治瘀法」で治ります。
専門医が治療を進めますのでご安心ください。

顎顔面矯正治療方とは・・・

歯を支える骨、あごの骨、頭蓋骨、それらを取り巻いている組織(歯肉や頬など)までを考慮した矯正治療法です。
顎顔面矯正治療法によって健全な骨の成長を促し、「体の赤信号」を改善します。その結果として「不正咬合」が治り、健康で美しい歯並びへと導いていきます。

どのように治療していくの?

問題のある部分を矯正装置によって正常に戻す治療と、口やあごが正しく機能するためのトレーニングを行います。

カウンセリング
気になることや治療希望をきちんとお聞きして、不正咬合と口の機能の状態を診査させていただきます。
矯正検査
顔と口の写真撮影、頭蓋骨やあごの骨まで写るレントゲン撮影、歯の型どり、そして、顎関節・呼吸などの機能検査も行います。
治療計画の説明
検査で得られた結果をもとに計画した、最適な治療内容を写真や模型を使って分かりやすく詳細にてご説明します。
矯正装置の装着と治療開始
最終決定した治療計画に沿って、必要な矯正装置を装着し、1〜三ヶ月に約一度の通院(装置の調整と治療経過の確認)を始めていただきます。
治療終了後のメンテナンス
装置が外れた後の歯は、何もしなければ少しずつ以前の状態に戻っていこうとします。後戻りを防ぐために、保定装置を装着していただき、歯を支える骨や周囲の組織が安定するまで経過を観察します。

よくある質問

Q1何歳ぐらいから始めるといいですか?
発育に問題があるところを正常に戻し、機能を改善する治療ですので、早い年齢から治療を開始するのが効果的です。不正咬合の種類や程度によって違いはありますが、5~7歳ぐらいに開始するのが理想です。
Q2期間はどれくらい必要ですか?いつ頃終わりますか?
早く治療を開始できれば、1~2年でバランスのとれた歯並びと口もと、顔になり、口や呼吸の機能も改善されます。永久歯の生えそろう時期は、小学高学年から中学低学年です。その頃までは、発育が正常に進んでいるか定期的に観察し、問題がみつかれば装置を再装着して治療を行う場合もあります。
Q3来院期間はどれくらいですか?
最初の装置を装着するまでは、1~3週に一回程度の間隔です。装着後の調節は、1~3ヶ月に1回程度です。あごの発育や機能を改善する治療ですので、むし歯の治療とは異なり、来院期間は長くなります。
Q4費用はどれくらい必要ですか?
矯正治療は健康保険が適応されませんので自費となります。費用は使用する装置や治療期間によってことなります。一度、お子さまを診察させていただければ、大まかな治療費についてお答えすることができると思います。
Q5装置は治療期間ずっと着けているのですか?
治療が始まってから終わるまでずっと装置が入っていることはありません。装置は、短いもので半年くらい、長いもので1~2年使用します。あごの発育や乳歯から永久歯への生えかわりの際に必要に応じて使用装置を作りかえ、治療を進めていきます。
Q6装置は壊れることはないですか?
装置は、使用状況に応じて壊れることもありますが、正常な使用状況にあれば装置が壊れて口の中が傷つくようなことはありません。
Q7装置は見えますか?
装置のほとんどは、歯列の内側に装着しますので、見えることはありません。
Q8装置による痛みはありますか?
痛みは、個人差の大きい症状です。治療中の痛みは、むし歯のようなズキズキする痛みではありません。装置を装着した直後は圧迫感や痛みを感じる場合もありますが、これも数日でなくなります。
Q9装置を着けていると歯磨きしにくそうですが、むし歯になりませんか?
装置が入っていると歯磨きしにくいですが、専用のハブラシを使って清掃の方法を指導します。また、装置の接着剤(セメント)にはフッ素が入っていますので、食生活に偏りがなく、不通に清掃できればむし歯になることはありません。
Q10装置は自分で取り外せますか?
使用する装置は、取り外しができないもの(固定式)とできるもの(可撤式)があります。治療の進め方によって異なりますが、どの装置を使うか検査により決定します。発育は24時間、365日、休みなく続いていますので、治療の効率を考えれば固定式の装置が望ましいことになります。このような理由から、治療に用いる装置のほとんどは固定式です。
Q11装置をつけていて食事や会話など日常生活に支障はありませんか?
固定式の装置を装着した直後は、食事や会話を不自由に感じることもありますが、数日で慣れ、日常生活に支障はありません。
Q12スポーツに支障はありますか?
スポーツの障害になることはありません。逆に、かみ合わせやあごが安定し、呼吸機能も改善しますので、運動能力が向上することもあります。
Q13管楽器はふけますか?
楽器を吹くことに大きな支障はありません。逆に、治療で鼻呼吸ができるようになることから、息が長く続くようになったり、音色が良くなったりすることもあります。
Q14後戻りはありますか?
発育期の矯正治療は、あごや歯並びの形を整え、それに食事や会話、呼吸などの機能を調和させる治療です。両者がしっかりと調和していれば後戻りすることはありません。

診療のご案内

トピックス

〜歯は年齢によってケアの仕方が違います〜

アクセス方法

〒562-0032
箕面市小野原西5-6-11-1階

= 072-743-5475

診療時間
  9:00-13:00
14:30-19:00

★: 土曜の午後診療は、14:00-18:00になります。

休診日水曜、日曜、祝日

カレンダー

8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
休診日
午前のみ

クレジットカードの取り扱い

当院では保険外診療(自費診療)のお支払い時に、各種クレジットカードがご利用いただけます。

visa master jcb amex

※取り扱いカードに変更がある場合がございます。どうぞご了承下さい。

 

è ページの先頭へ

tel.072-743-5475