一般歯科 小児歯科 予防歯科 インプラント 審美歯科

箕面市小野原 無痛治療インプラント審美歯科 平野歯科クリニック

大阪府箕面市の平野歯科クリニックでは、患者さまの立場に立った丁寧なカウンセリングと、痛みの少ない治療を心がけています。茨木市、吹田市からも多数ご来院されております。

ご予約・お問い合せ=072-743-5475

トピックスTopics

ホームトピックス:ご年配の方へ

ご年配の方へ

天然歯であればなおのこと、義歯あれ、インプラントであれ、口腔内の状態が健全な高齢者ほど、笑顔が素晴らしいと感じるのは私だけでしょうか?

現在日本人の80歳での残存歯数は約9本で、アメリカ、スウェーデンと比較すると、約半分の数値です。

また欧米では、高収入、高学歴の口腔内の状態は、それ以外の方と比較してかなり良好との調査結果がありますが、日本ではその傾向もそれほど顕著では無いようです。
実際日本では、かなり余裕のあるような生活をされている方でも、歯が悪く満足に食事ができていないような方が、多数おられるように思われます。

これは医療保険制度の違いによえりますが、我々歯科医師にも責任があると考えています。今後のQOLを高めるのに口腔内の状態がどれほど重要であるか、そのことに関する啓蒙やそれに対する治療を積極的に行ってこなかったからです。

近年、インプラント治療をはじめとする治療法の確立よって咀嚼能力、審美性が劇的に向上しています。
高齢者特有の全身的、局所的注意点もしっかりと配慮し、適切な治療行っていくことにより、数多くの高齢者に素晴らしい笑顔を取り戻していただきたいと考えています。

失った歯に対する処置はいくつか方法があります。

中高生  虫歯や歯周病、事故などで、やむなく歯を失ってしまうことがあります。 歯列の中ほどの歯が抜けた後、そのまま放置していると歯並びが変わって、食事がしづらくなっていきますので、放置しておくのは基本的にはおすすめ出来ません。 そのような場合、失った歯の部位にもよりますが、人工的な歯を入れることで、ある程度まで回復することができます。

ブリッジ

 失った歯の前後の歯を削って、金属で橋をかけるようにして治す方法です。 メリットとして、比較的短期間でかぶせが出来ることや装置を取り外す必要がないこと、また基本的には保険が適応出来ます。(奥歯の素材は金属になります) 一方、デメリットは前後に歯がないと出来ないことや前後の歯が健康な場合であっても削らなければならないことなどがあります。

部分入れ歯

 失った歯の粘膜の上に、プラスチック製の取り外し式の人工の歯を乗せて噛めるようにする方法です。前後か反対方向の歯にワイヤーをかけ、固定させます。 歯が一本も残っていない場合は、歯茎の粘膜だけで維持させる「総入れ歯」になります。 メリットとして、きちんとお手入れをすれば残った歯を清潔に保てますし、あまり削らなくてすみます。また、こちらも保険が適応出来ます。 一方、デメリットとしてあげられるのは、違和感があることや、天然歯やブリッジやインプラントに比べると強く咬めないために、他の歯に負担がかかってしまいます。また、取り外し式なので毎食後のお手入れに手間がかかってしまいます。

インプラント

あごの骨に人工の歯根を埋め込み、しっかり根付いた歯を取り戻す治療をインプラント治療といいます。 インプラントの詳細はこちら Ñ

診療のご案内

トピックス

〜歯は年齢によってケアの仕方が違います〜

アクセス方法

〒562-0032
箕面市小野原西5-6-11-1階

= 072-743-5475

診療時間
  9:00-13:00
14:30-19:00

★: 土曜の午後診療は、14:00-18:00になります。

休診日水曜、日曜、祝日

カレンダー

11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
休診日
午前のみ

クレジットカードの取り扱い

当院では各種クレジットカードがご利用いただけます。

visa master jcb amex

※取り扱いカードに変更がある場合がございます。どうぞご了承下さい。

 

è ページの先頭へ

tel.072-743-5475