WEB予約
妊娠中の口腔内のケアについて

ブログ

blog
カテゴリ:新着情報

妊娠中の口腔内のケアについて

こんにちは!箕面市の歯医者、平野歯科クリニックの歯科衛生士、原です。

妊娠中の口腔ケアには特別な注意が必要です。

一般的に、妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりなどの影響により、虫歯や歯周病のリスクが増加します。特に妊娠性歯肉炎や妊娠性エプーリスなどの症状が起こりやすくなるため、定期的なケアが重要です。

妊娠中の口腔トラブルとその対策

妊娠中はホルモンの変化や体調の影響により、口腔内でさまざまなトラブルが発生しやすくなります。以下に、よく見られる口腔トラブルとその対策を詳しく記載します。

  1. 歯肉の増殖 (妊娠性エプーリス)
    • 症状: 妊娠中に特に多い症状で、歯肉が局所的に膨れ上がることがあります。これはホルモンの影響で血管が拡張され、歯肉が炎症を起こすためです。大きくなると噛み合わせや歯磨きの妨げになることがあります。
    • 対策: 歯科医師の指導のもとで管理・治療することが重要です。通常は良性であり、出産後に自然に治まることが多いですが、症状がひどい場合は手術的な治療が必要になることもあります。自己処置ではなく、必ず専門家の見解を仰ぎましょう。
  2. 歯肉の炎症 (妊娠性歯肉炎)
    • 症状: ホルモンの変化により歯肉が腫れ、出血しやすくなる症状です。これが進行すると、歯周病のリスクが増加し、早産や低体重児のリスクも高まります。
    • 対策: 定期的な歯科健診とプロフェッショナルなクリーニングが重要です。日常の口腔ケアとして、フッ素入りの歯磨き粉を使って歯を丁寧に磨き、うがいを通じて口腔衛生を維持することで、炎症の進行を防ぎます。また、歯科衛生士よるクリーニングを定期的に受けることで、歯垢や歯石の蓄積を防ぎます。
  3. 唾液の減少
    • 症状: 妊娠中は唾液の分泌が低下することがあります。唾液は口腔内の酸性を中和し、虫歯の予防に重要な役割を果たします。
    • 対策: 常に水を飲むことで口腔内を洗浄し、唾液の代わりになるよう努めます。無糖のチューインガムを噛むことで、唾液の分泌を促進する方法も有効です。特にキシリトールを含むガムは、虫歯予防にも効果があります。
  4. 歯磨きの困難さ
    • 症状: 妊娠初期やつわりの時期には、歯磨きが困難になることがあります。これにより、口腔内の清潔が維持されず、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
    • 対策: 歯磨きが難しい時期には、無理をせず口をすすぐだけでも汚れを洗い流すことが重要です。水やフッ素入りの洗口剤でうがいをすることで、口腔内の酸性を中和し、細菌の繁殖を抑えることができます。また、歯ブラシを柔らかくして、優しく歯磨きを行うことが推奨されます。つわりが安定したら、通常通りの歯磨きを再開しましょう。
  5. 口内乾燥による不快感
    • 症状: 唾液の減少やホルモンの変化により、口内が乾燥しやすくなります。これは口臭や口腔内感染症のリスクを増加させる可能性があります。
    • 対策: 水分補給をこまめに行い、口が乾燥しないように気を配りましょう。必要に応じて口腔保湿剤を使用することも有効です。また、加湿器を使って室内の湿度を保つことも、口内の乾燥を防ぐ方法の一つです。

効果的な口腔ケアのポイント

妊娠中の口腔ケアは、母体と胎児の健康を守るために特に重要です。以下のポイントに留意して、口腔内の健康を維持しましょう。

  1. 歯磨きの方法:
    • 歯ブラシの選び方: 小さめで柔らかい歯ブラシを選びます。柔らかいブラシは歯ぐきへの刺激が少なく、妊娠性歯肉炎を予防するのに適しています。
    • 歯磨きの頻度と方法: 毎食後に歯磨きを行います。歯磨き粉はフッ素入りのものを使用し、フッ素は歯を強化し虫歯予防に効果があります。歯磨きは少なくとも2分間行い、特に歯と歯ぐきの境目や奥歯の裏側など、汚れがたまりやすい部分を丁寧に磨きます。
  2. うがいの重要性:
    • うがいのタイミング: 歯磨きが困難な場合やつわりで嘔吐が多いときには、こまめにうがいを行います。口腔内の酸性を中和し、食べカスや細菌を除去することで口臭や歯周病のリスクを低減します。
    • 洗口剤の選び方: フッ素入りの洗口剤を使用することで、歯の表面を保護し虫歯の進行を防ぐ効果があります。洗口剤を使う際には、使用方法に従い、過剰な摂取を避けます。
  3. 食事の管理:
    • 間食の制限: 頻繁な間食は歯の表面にプラーク(歯垢)を溜めやすくし、虫歯の原因となります。甘い飲み物やスナック菓子の摂取は特に注意が必要で、可能な限り控えるようにします。
    • 栄養バランスの確保: 健康な歯と歯肉を維持するために、バランスの取れた食事を心掛けます。特にカルシウムやビタミンDが豊富な食品を摂取することで、歯や骨の健康をサポートします。

定期的な歯科健診の重要性

妊娠中は定期的な歯科健診が非常に重要です。妊娠の早い段階で歯科医に相談し、口腔の健康状態を確認してもらいましょう。歯科健診では、歯周病の早期発見と予防が可能です。特に妊娠中期(16週から27週)に歯科治療を行うと安全とされています。歯科医と相談しながら、妊娠中に適切な治療計画を立てましょう。妊娠中の口腔ケアは、お母さんの健康と赤ちゃんの健康に直結する重要なポイントです。日常的なケアを怠らず、専門家のアドバイスを受けながら健康な口腔環境を維持することが大切です。

 

関連記事

関連記事はありませんでした。

ページトップへ戻る