スタッフのマウスピース矯正日記

Week21「初のディスキング(IPR)」

2021.10.17

こんにちは!箕面市小野原 平野歯科クリニック デンタルコーディネーターの森です。

 

20枚目のアライナーに交換しました!

 

今回は、初めてのディスキング(IPRとも言います)をしてもらいました!

 

ディスキングとは、歯を動かすスペースを作るために、歯と歯の間を少し削ることです。

 

削ると聞くと、

「え!?むし歯でもないのに歯を削ってもいいの?むし歯になりやすくなるんじゃないの!?」

と、心配に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

削ると言っても、0.2㎜~0.3㎜程で、エナメル質の範囲内にとどまります。
むし歯を削るバーよりも、かなり細くて繊細なバーでディスキングを行いますし、麻酔も必要ありません。
エナメル質の範囲内であれば、問題となるような症状はほとんどないと言われています。

 

実際に、私もディスキングをしてもらいましたが、削っている最中も全く痛みはなく、その後も何も症状はありません(^^♪

 

歯を動かしていくステージに合わせて、ディスキングをするタイミングは人それぞれです。

 

私は今回、下の前歯に3か所ディスキングをしました。

 

計画ではもう1か所ディスキングをする予定だったのですが、先生の判断でもう少し周りの歯が動いてからの方が良いとのことで、一週間後にチェックすることになりました。

 

今後、もう少し先のステージで2回に分けてディスキングをする予定です。

072-743-5475

WEB初診予約