小児矯正

  • HOME>
  • 小児矯正

平野歯科クリニックの小児矯正の特徴

顎顔面矯正を行っています

顎顔面矯正を行っています

顎顔面矯正とは、上顎の成長不足により起こる歯並びの乱れのほか、口呼吸、喘息、いびき、睡眠時無呼吸症候群など様々な鼻腔症状が改善可能な治療です。当院の小児矯正ではこの顎顔面矯正を行うことで、上顎・鼻腔面積の拡大をはかり、良好な噛み合わせや呼吸の獲得を目指します。

顎顔面矯正は成長期にしか受けられない治療です。適切なタイミングで治療を開始することで、大人になった時にお口のことで困らない環境が作れるようになります。そういう意味で、当院ではこれを「究極の予防治療」だと考えています。

(※顎関面矯正について詳しくはこちら

歯並びが悪いこと(不正咬合)と矯正治療について

不正咬合は、あごの発育に問題があったり、歯が大きすぎたり 歯の生える位置がおかしかったりすることで起こります。

不正咬合があると、歯並びだけではなく、あごが前後や横にずれてのバランスが悪くなるとともに、食べ物が噛めない・飲み込めない・しゃべりにくい(口腔機能の不良)、鼻で呼吸ができない(呼吸機能の不良)、姿勢が悪いなどの機能異常も見られます。

矯正治療は、装置によりあごの発育に問題のあるところを正常に戻すとともに機能訓練を行ない、歯並びや顔のバランスを良くし、口や呼吸、姿勢などの機能も改善します。

不正咬合ってなに?

歯を支えている骨や上下のあごのアンバランス(=発育不良)などが原因で起きている悪い歯並びのことです。

 

不正咬合の子供たちによく見られる「体の赤信号」

口で呼吸していることが多い

ロ呼吸をしていると、空気中のばい菌が喉から体内に入ったり、口の中が乾燥してむし歯になりやすい状態をつくったりします。
また、無呼吸症候群など睡眠障害を引き起こすこともあります。

口がいつも開いている

口が常に開いたままになっていると、唇の筋肉が発達不良になり、唇が閉じにくくなります。
また、前かがみの姿勢になりやすく、背骨が曲がったまま成長してしまう恐れもあります。

よく噛まずに食べる

よく噛まずに食べると、口元の筋肉やあごの成長に悪影響を与え、消化不良を引き起こす原因になります。

どうすれば治るの?

不正咬合の専門的治療方法「顎顔面矯正」で治ります。
専門医が治療を進めますのでご安心ください。

072-743-5475

WEB初診予約