小児歯科

  • HOME>
  • 小児歯科

平野歯科クリニックの小児歯科

「痛くなる前」に通院して歯を長持ち

多くの方が歯医者ならどこでもいっしょでしょ?
こどもと大人は同じ診療でも大丈夫でしょ?と思っていませんか?

しかし、実際はこどもと大人の診療は大きな違いがあります。
大人の歯とこどもの歯は全く別物なので、こどもの歯はそれ専門のやり方でやらないと上手くいきません。
こどもの歯を上手く診察するためには守らなければいけないルールがいくつかあるのですが、多くの歯医者さんではそのルールが守られていないことが多いのです。
その結果、こどもが泣いて何もできなかったり、むし歯を詰め物で治療してもすぐに取れてしまったり、真面目に通っていてもむし歯ができてしまうなどの色々なトラブルが起きやすくなります。

『むし歯セロで育ってほしい。』
当院はそんな思いに応えることができる歯科医院です。

むし歯ゼロを目指す理由

「痛くなる前」に通院して歯を長持ち

ひと昔まえには明らかでなかったむし歯の原因が今では完全に解明されています。
ですから、ご家庭で正しくむし歯予防に取組めば、誰でもむし歯にならないで済むのです。
ご両親、おじいちゃん、おばあちゃんたちにむし歯が多かったご家庭でもむし歯ゼロは達成できます。

今やむし歯ゼロは誰でも手に入れることができる時代になりました。
それにもかかわらず、こどものうちにむし歯になってしまう子が後を絶ちません。

それにもかかわらず、こどものうちにむし歯になってしまう子が後を絶ちません。
その理由は、ご家庭でどのようなむし歯予防をしたらいいか?を知らないために、小さいうちにむし歯になってしまうのです。
お子様をむし歯にしないで済むように、私達といっしょに予防に取組みましょう!

むし歯になって苦労する前に、慎重に「はじめての歯医者」選びをしてほしいのです。
むし歯ゼロに導いてくれる正しい歯医者を選ぶことがまずは大切な第一歩です。
当院はこどものむし歯をゼロにしたいと願うご家族から支持されています。

むし歯ゼロを達成するために、むし歯の危険度(リスク)を下げる3つのポイント

「痛くなる前」に通院して歯を長持ち
  • むし歯のリスクが高いと判定されても大丈夫!
  • リスクを下げてむし歯ゼロを達成出来ます!
  • リスクを下げる取り組みは次の3つです。






1

家庭で毎日フッ素をつかう

フッ素はむし歯を作らないために、最も重要な手段です。 特に効果が高いのは毎日使う方法です。 フッ素のうがいを毎日することが簡単で効果が高いのでイチオシです。

2

飲食回数を決める

時間を決めず、だらだら食べることは、むし歯になるリスクが高くなります。飲食時間・回数を決めることがとても重要です。
3歳までは3回の食事と2回のおやつ、3歳からは3回の食事と1回のおやつにすることでむし歯ができる可能性はとても低くなります。

3

仕上げ磨きをしてあげる

小学校3年ぐらいまでは、仕上げ磨きが必要です。 お忙しいことは重々承知しておりますが、こどもの歯を守るために ご家族の皆さんで協力して磨いてあげてください。

すでにむし歯になってしまったお子さんは?
そのむし歯は治療しなくて済むかもしれません!?

ふつうは、むし歯が出来ると、むし歯の部分を削って詰め物をして治療します。
しかし、むし歯と一口にいっても、むし歯の大きさや進み具合はさまざまです。 歯の表面部分にとどまっている小さなむし歯は、治療することでかえって歯の寿命を短くしてしまいます。
どういうことかというと、むし歯治療のつめ物には寿命があります。 治療後、何年かするとつめ物には寿命がきてしまいます。 するとつめ物と歯の間にわずかなすき間ができます。 そこからむし歯菌が歯の奥へ侵入していき、またむし歯を作ってしまいます。

その結果、最初は小さなつめ物ですんだものが、再治療のたびにどんどん大きなつめ物になっていきます。
そして、2~3回目のむし歯治療をする時には神経の治療が必要になり、さらに銀歯になってしまいます。 銀歯にも寿命がありますから、さらに再治療が必要になります。 そして最後には、ご自身の歯が非常に少なくなり抜歯になってしまいます。

このような悪循環の始まりは、最初に小さいつめ物をしたことから始まります。
実は歯の表面部分にとどまっている小さなむし歯は、つめ物の治療をしなくてもいい場合が多いです。 むし歯の進行を止めるお薬をつかうことで、歯を削らずに済むかもしれません。
当院はこのお薬でむし歯の進行を止める治療実績が豊富です。 このようなむし歯の進行を止めるお薬を使う治療はどこの歯医者でも受けられるわけではありません。 歯を削る治療は極力さけたいと願う方は是非ともご相談ください。

わたしたちは3歳以上で泣く子ゼロを目指します!

「痛くなる前」に通院して歯を長持ち

泣く子がいないのは、こどもを泣かさない診療の仕組みがあるからなのです。
実は、泣かさない診療の仕組みがある歯科医院はほとんどありません。ですから、普通の歯科医院ではたくさんのこどもが泣いています。その結果、診療を受けられないでいるのです。

3歳:4歳:5歳=20:50:80%
この法則をご存知ですか?

3歳では20%、4歳では50%、5歳では80%のこどもが泣かずに上手に出来ることを表します。
このことから2歳以下ではほぼ100%で泣き、3歳では80%の子が泣いてしまう。

お子さんをを泣かさないで、きっちり診療してほしい、歯医者嫌いにしたくない、と願うご家族にピッタリなこども歯科です。



平野歯科クリニックの「5つの取り組み」

1

3歳以下のお子さんは、膝上診療をしております。

大人の方でも診療台に座ると緊張しますよね。
3歳以下のほとんどのお子さんは診療台を見るだけで、泣いてしまいます。
まずは診療台ではなく、キッズスペースでお口を見る、歯磨きをする、フッ素を塗るなどします。

2

4歳以下のお子さんは午前中でご予約ください。

4歳以下のお子さんは午後になると疲れや眠気で不機嫌になりやすいです。
そんな状態では上手にできない可能性がたかいのです。
せっかく来院頂いても、予定通りできないとお時間の無駄になってしまいます。
予定通りの診察ができるように、午前中の受診でお願いします。

3

トレーニングシステム(4歳以上)

膝上診療が可能であれば、お子さんには診療台に上がっていただき、トレーニングを始めていきます。
トレーニングはシステム化されており、お子さんに合わせて1つ1つ状況を確認しながら次のステップへと進んでいきます。

4

スタッフみんなこどもが大好き!

こども好きのフレンドリーなスタッフが対応します。

5

こどもの矯正にも力を入れています

毎回、かみ合わせもチェックしています。
もし、歯並びが気になる場合、無料相談をしています。お気軽にお声かけください。

定期健診について

①お口の中のチェック
②ハミガキ指導
③クリーニング
④フッ素塗布

 

072-743-5475

WEB初診予約