平野歯科コラム

かかりつけの歯医者さんと出会うためには

2019.08.20

「歯がちょっとしみる気がする」
「歯ぐきから血が出る」
「なんとなく違和感がある」

こんな時、どうされていますか?

「歯医者に行くほどでもないかな…」
「数日で症状も気にならなくなったから大丈夫かな…」
「気にはなるけど、わざわざ歯医者に行くほどでもないのかな?」

少しの心配は残しつつも、そのまま様子を見ている。
なんてことはありませんか?

そしてある時、急に痛みが強くなって歯医者さんに駆け込む。
そんな経験はありませんか?

心配になったら、何かおかしいなと思ったら、プロに相談し、診てもらう。

ネットで調べたり、誰かに聞いてみたりするのもいいですが、
そこから判断することで解決に繋がることはありません。

なにかあった時に、すぐに相談できる状態にしておけることが大切です。

そのためにも「かかりつけの歯医者さん」を見つけてください。

歯医者さんに限らず、「かかりつけ」があれば、いざ病気になったときにも焦らずに相談でき、的確に対応してもらえます。

今や歯医者さんはコンビニよりも多いと言われるほどたくさんあります。
当院の患者さんからも、
「ここにくるまでに歯医者さんが6件もあったわよ!」
なんて言われることもあります。

インターネットを見れば、歯医者さんの情報も口コミもたくさんあります。
「たくさんありすぎて、どこに行ったらいいのか分からなくて、結局行かないままになっていました。」
なんてこともありました。
インターネットによる情報も、歯医者さんもたくさんあることで、反対に「良い歯医者さん」の見つけ方が分からず、「かかりつけ」と出会えないという方も増えているように思います。

では、まずはどのようにして「良い歯医者さん」「かかりつけの歯医者さん」を見つければいいのか?

私たちが考える、
「かかりつけの歯医者さん」を選ぶ時に参考にしてほしい条件とは
・通いやすい場所にある(家から近い)
・担当の歯科医師、衛生士がいる
・歯科医師とスタッフとの連携がスムーズである
・予防歯科も熱心にしている(定期検診システムがある)
・治療内容などをわかりやすく説明し、質問にもきちんと答えてくれる
・保険診療のみではなく、自由診療も行っている
・自由診療の料金が明確
・お口の中全体を診て、総合的に診断し、治療計画を立ててくれる
・治療のメリットばかりでなく、デメリットもきちんと説明してくれる
・信頼できる感じがする
・家族や信頼できる知人、口の状態の良い知人が通院している
・清潔感がある
です。

通いにくいと、通院が大変になり、治療を中断したり、いざという時にも受診しづらくなったりします。

予防歯科にも熱心で、定期検診システムがあり、日頃のセルフケアについてもきちんとアドバイスをしてくれることは大切な条件です。
虫歯は再発しやすいですし、歯周病は慢性疾患です。
「治療が済んだら終わり」
では、お口の健康を維持することはできません。
予防歯科を熱心に行っている歯医者さんとは、永く良いパートナーとなれます。

お口の中全体を診て、総合的に判断できる歯科医師がいれば、最良の治療を提案してもらうことが可能ですし、技術の高い歯科衛生士がいれば、歯科医師と連携して、より良い治療を受けることが可能です。

「清潔感がある」ことも大切です。
「清潔感がある」と感じられるかどうかだけでも十分な判断材料となります。
何か一つだけ清潔感を保つというはできません。
清潔感があるなと感じる歯医者さんは、細かい器具の取扱に対しても配慮していることが多いのです。

「この先生、スタッフは信頼できそう」
と思えるかどうかも重要です。

かかりつけの歯医者さんは、一番最初に行った所が適しているかどうかはわかりません。
まずは、検診やクリーニングで受診してみて、その歯医者さんと永く付き合っていけるかを考えてみるのもいいかもしれません。

何事もない時だからこそ、焦らずじっくりと歯医者さんを探してくと、
良いパートナーである「かかりつけの歯医者さん」に出会えると思います。

生涯、自分の歯で美味しく食事ができ、楽しく笑って素敵な毎日を過ごせるように、
できるだけ永くお付き合いできる「かかりつけの歯医者さん」を見つけて、お口の健康をしっかり守っていきましょう。

072-743-5475

WEB初診予約