平野歯科コラム

歯ぎしり、食いしばり、顎関節症に対するボトックス治療について

2021.11.15

こんにちは。平野歯科クリニック、歯科医師の川嵜です。

夏から、秋もなく、突然の冬

皆さま、体調には十分にお気をつけくださいね!

本日のテーマは歯科治療におけるボトックス治療になります。

 

ボトックス治療とは

ボトックス治療(ボツリヌストキシン治療)は、ボツリヌス菌から抽出したタンパク質を過度に緊張している筋肉に注射して、緊張をほぐす治療です。

歯科におけるボトックス治療について

歯ぎしりや食いしばりは、噛む力が強すぎると、習慣化してしまいます。そこで、咬筋という噛む筋肉に対してボトックス治療を行い、筋肉の緊張を和らげることで、歯ぎしりや食いしばりを改善できます。美容整形に近いイメージのボトックス治療ですが、その効果は歯科学会でも発表されており、かみ合わせ治療の一環として行われております。

 

メリット

顎関節症などの緩和

咬筋の働きを弱めることにより、顎関節に 負担をかけず簡単で楽に治療できます。

 

口周りのシワ改善、エラの改善

噛み合わせの筋力を弱めることで口元のほうれい線を目立たなくさせ、顎の梅干しシワや口周りのシワを解消する効果があります。また、咬筋が強く緊張することで大きくせり出し目立つエラを、により緊張を緩和し解消することができます。

 

その他の効果

咬筋の緊張緩和による肩こり・頭痛の改善、小顔効果、詰め物・かぶせ物の脱落防止

 

治療の流れ

1,カウンセリングを行い、患者様のお悩み・噛む力・口元の状態をチェックします。

2,咬筋への注射を行います。 通常15分、表面麻酔をする場合は40分程度で終了します。

3,治療後、定期検診とアフターケアを行います。

※3ヶ月〜6ヶ月程度効果がありますが、定期的に注射をすることでより効果が持続します。

 

ちなみに、当院ではこちらの商品を使用しております。

よくあるご質問

 

Qボツリヌス中毒にはなりませんか?

Aボトックス治療はボツリヌス菌そのものを注射するわけではありません。ボツリヌス菌を十分に精製した身体に害のない安全なタンパク質です。

 

Qボトックス治療は痛いですか?

A数か所に注射するのである程度の針刺入の痛みはありますが、痛みを抑えるために表面麻酔を使用し、痛みに弱い方にも安心して治療をお受け頂けます。

 

Qボツリヌス治療にはどんな副反応がありますか?

A針の跡が点状に残ることや、皮下出血が起こることがありますが、この反応は一時的でお化粧で隠せる程度です。また、治療後、数日間、処置部に重たい感覚をともなうことがありますが、こちらも改善します。

 

Q治療にかかる値段はどのくらいですか?

A1回の治療につき、3万~5万円くらいです。

かかる費用は、咬筋(噛む力)の大きさ、症状、骨の状態、奥歯の状態によって、変動しますので、まずはご相談ください。

 

Q治療してから、どのくらいで効果が出ますか?

A個人差がありますが、通常、3日~1週間ほどで効果を実感頂けます。

 

Q1回の治療で、どのくらいの量を投与するのでしょうか?

A咬筋の状態、奥歯にかぶせものを使用しているか、虫歯治療の際に神経を抜いているかどうか、噛んだ時の頬の出方など、患者さんによって投与量は異なります。

詳しくは担当医師にお問い合わせください。                                      

 

その他、ボトックス治療について気になるご質問があれば、遠慮なくお尋ね下さいね!

 

文責:川嵜

072-743-5475

WEB初診予約