新着情報

「あいうべ体操」でお口の中から健康に

2020.06.09

「あいうべ体操」でお口の中から健康に。

こんにちは。歯科助手の細井です。

皆さん、お口の中が乾燥して唾液の分泌が少なくなると、
虫歯や歯周病、ドライマウス、口臭、口内炎、ヘルペスなどが
起こりやすくなるのをご存知でしょうか?

では、唾液にはどのような働きがあるのでしょうか?

*潤いを保つ働き
唾液がお口の中の粘膜を保護してくれます。

*消化作用
唾液には、デンプンを分解する酵素が含まれています。
お口の中でしっかり分解されることで、腸での消化吸収を
助けてくれます。

*虫歯を防ぐ働き
甘い物を食べると、お口の中が酸性に傾き、虫歯になりますが、
唾液がそれを中和に戻して防いでくれます。

*抗菌作用・解毒作用
唾液の中の物質には、細菌やウイルスの増加を防ぐ強力な抗菌作用が
あるので、歯周病、口臭、風邪やインフルエンザ予防に役立ちます。

唾液にはたくさんの働きがあることが、わかりましたね。

今回は、お口の中の健康維持には欠かせない唾液の分泌を促すために
簡単な体操「あいうべ体操」をご紹介致します。

最近、よくテレビやネットでも紹介されているので、ご存知の方も
多いかと思います。

「あいうべ体操」は4つの簡単な動作を繰り返すだけです。

① 「あー」とお口を大きく開く。
② 「いー」とお口を大きく横に開く。
③ 「うー」とお口を強く前に突き出す。
④ 「べー」と舌を突き出して下に伸ばす。

 

 

 

 

 

 

無理のない範囲で①~④の動きを1セット1回で、4秒前後かけて
ゆっくりと行って下さい。
1日30回(例:朝・昼・夜10回ずつ)を目安に繰り返すと
おすすめです。

「あいうべ体操」で唾液の分泌を促し、お口の中の健康維持に
お役立て下さい。

(イラスト引用元:http://piclike.net/person/2138.html
イラストぴくらいく様)

072-743-5475

WEB初診予約