舌側矯正

  • HOME>
  • 舌側矯正

舌側矯正とは?

歯の裏側に矯正装置を装着させる方法です

歯の裏側に矯正装置を装着させる方法です

矯正方法は大きく、矯正装置を歯の表側に装着させる方法(表側矯正)と、歯の裏側に装着させる裏側矯正に分けられます。裏側矯正は「舌側矯正」「リンガル矯正」とも呼ばれ、お口を開けた時でも装置が目立たないのが特徴です。「装置を目立たせたくない」「仕事柄、装置が目立つと困る」という方などにおすすめです。

舌側矯正はこんな方におすすめです

  • 矯正装置を目立たせたくない方
  • 受付、販売業、モデル、アナウンサーなど、仕事柄、装置が目立つと困る方
  • まわりの人に矯正治療を受けていることを気づかれたくない方
  • 矯正治療中も口元の美しさをキープしたい方
  • 矯正装置のことを気にせずに、人前で思いっきり笑いたい方

など

舌側矯正の特徴とは?

矯正装置が目立たない

舌側矯正では歯の裏側に矯正装置を装着させます。そのため、装置を目立たせることなく普段の生活を送ることが可能です。受付、販売業、モデル、アナウンサーなど、仕事柄、装置が目立つと困る方でも安心です。

表側矯正よりも虫歯リスクが低くなる

唾液の分泌量の多い歯の裏側に矯正装置を装着させるので、唾液の静菌・殺菌作用によって虫歯菌の繁殖が抑えられるようになります。そのため、表側矯正よりも虫歯リスクが低くなります。

歯並びによっては短期間での矯正が可能

患者様の歯並びの状態によっても異なりますが、表側矯正よりも治療期間が短縮される場合があります。

幅広い歯並びに対応可能

舌側矯正は出っ歯(上顎前突)、受け口(反対咬合)、叢生(乱ぐい歯)、開咬(オープンバイト)など、幅広い歯並びのお悩みに対応可能です。

管楽器の演奏が可能

表側矯正の場合、歯の表側に矯正装置を装着させるため、トランペット、ホルンなどの管楽器の演奏に障害が生じる可能性があります。一方、裏側矯正では歯の裏側に装置を装着させるため、影響をおよぼさずに演奏することが可能となります。

舌側矯正と表側矯正の違い

セットアップモデルを作製

表側矯正の場合、「ダイレクトボンディング」と言って歯にブラケットを1つ1つ直接貼り付けていきます。一方、裏側矯正では「セットアップモデル」と呼ばれる模型を作り、それをもとに患者様お一人おひとりに合ったオーダーメイドな矯正装置を作製することになります。表側矯正よりも高い技術力が求められるため、矯正専門医院でも裏側矯正は行っていないところがあります。

慣れるまで喋りにくさを感じることも

裏側矯正では歯の裏側に矯正装置を装着させるため、舌が動かせる範囲が少し狭くなって慣れるまで喋りにくさを感じることがあります。ただし、通常3~4週間もすれば慣れることができ、そうした違和感は解消される傾向にあります。

舌側矯正の費用について

費用:800,000円(税別)

当院では、毎回の調整費用も全て含めて上記の金額とさせて頂いております。

※治療計画は、状態に合わせて変更します。

072-743-5475

WEB初診予約