根管治療

  • HOME>
  • 根管治療

平野歯科クリニックの根管治療の特徴

マイクロスコープを使って精密に治療

マイクロスコープを使って精密に治療

マイクロスコープとは、患部を20倍程度にまで拡大して確認できる歯科用顕微鏡です。当院ではこれを使って精密な根管治療を行っています。肉眼では確認できない部分もしっかり見えるので、歯科治療の精度が格段に向上します。

根管治療後の被せ物までトータルに治療

いくら精密な根管治療を行っても、その後、歯に被せる被せ物(クラウン)に隙間があると再感染のリスクが高まります。

当院ではそうしたことがないように、根管治療後の被せ物の適合性にもこだわるなどしてトータル的に治療を行います。

ニッケルチタンファイルできれいに汚染組織を除去

虫歯菌に汚染された組織を除去する器具を「ファイル」と言います。

当院では柔軟性に優れているため、よりきれいに汚染組織が除去できる「ニッケルチタンファイル」を使用しています。

これにより汚染組織の取り残しを防ぐことで、治療の成功率を高めています。

治療回数を減らしてスピーディに処置

仮ぶた(仮封剤)をしている期間が長引くと、それだけ感染リスクが高まってしまいます。

そのため当院では、できる限り治療回数を減らし、スピーディに処置するように心がけています。

歯根端切除にも対応

根管治療だけでは症状が改善せず、歯根(歯の根っこ)に病変ができた場合などには、それを直接取り除く「歯根端切除」という治療が必要になります。

当院ではこの歯根端切除にも対応しています。

 

根管治療とは?

天然歯を維持するための治療です

根管治療とは、歯の神経や血管が通る細い管(根管)から、虫歯菌に汚染された組織をきれいに取り除き、洗浄・消毒した後、充填材を詰めて再感染を防ぐという治療です。従来、虫歯が進行して歯の神経(歯髄)にまで達すると、抜歯が避けられないことが多かったのですが、根管治療により天然歯の維持が可能となります。

当院ではマイクロスコープを使用して、より精密な根管治療を行っています。

根管治療の流れ

1

根管長を測定

根管内から神経を抜いて(抜髄)、根管の長さを測定します。

2

汚染物質を除去/洗浄・消毒

根管内から汚染物質をきれいに除去した後、洗浄・消毒します。

3

充填材を詰める

充填材を歯根の先端まで緊密に充填した後、密封して感染を防止します。

4

土台形成・補綴物装着

土台を形成して、その上に被せ物を被せます。再感染しないように、歯とぴったり適合させます。

 

根管治療の費用について

項目 価格(税抜)
MTAセメントによる歯髄保存療法 50,000円
精密根管治療(前歯) 50,000円
精密根管治療(小臼歯) 60,000円
精密根管治療(大臼歯) 90,000円

072-743-5475

WEB初診予約