WEB予約
歯髄保存療法(VPT)

歯髄保存療法(VPT)

vital pulp therapy

歯髄保存療法(VPT)

このページの目次[開く]

歯髄保存療法について

「歯髄・神経」とは

歯髄とは、一般的に「歯の神経」と呼ばれている軟らかい組織のことです。歯の根っこの先で、顎の骨の中の神経や血管と繋がっています。

この歯髄には、様々な刺激を脳へ伝える神経と、無数の毛細血管が存在します。この毛細血管は、歯に血液や栄養を送る大切な役割を担っています。
むし歯になったり、怪我をして歯が折れたりして、細菌の感染を受けた場合には、歯に痛みが出たり歯肉が腫れたりします。

さらに、歯髄が残っていることは歯の丈夫さにも関係しています。治療によって歯髄が取り除かれ、栄養や酸素の供給源が断たれ歯は、艶を失い黒褐色に変色することがあり、歯の強度自体も弱くなります。
生きている木はしなやかで折れにくいですが、枯れ木になると折れやすくなるのとイメージは似ています。歯髄が取り除かれると歯は折れやすくなるのです。
歯髄をできるだけ残すことは、歯の長期的な健康にとってとても重要です。日本ではまだまだ虫歯が大きかったりすれば、 簡単に歯髄をとる治療を安易に選んでしまう傾向にあります。

しかし、歯に大きなむし歯ができて歯髄に達してしまった、怪我をして歯が折れてしまい歯髄が露出してしまった、など様々な理由で歯髄を除去しなければいけない場面があります。

そういった場面で歯髄を除去せず、残すために行う治療を「歯髄保存治療(VPT)」といいます。

歯の神経を除去することで起こるリスク

①歯が脆くなってしまう。

②虫歯ができても気付きにくい(痛みを伴わず進行するため)

③歯の色が変色する。

④根っこの部分の再感染による痛みが出る。

なぜ歯髄保存療法(VPT)が可能なのか

一昔前まではむし歯が歯髄にまで達していると、感染が歯髄全体にまで広がっていて 歯髄組織全てを取り除がなければならないと考えられていました。いわゆる抜髄と呼ばれる根管治療のことです。

しかし、近年では感染のある歯髄組織の部分だけ取り除けば良く、感染の及んでいない歯髄は温存できるという考え方が主流となってきています。これを歯髄保存療法(バイタルパルプセラピー=VPT)と言います。

近年の材料の進化に伴って”MTA”という特別なセメントを用いることで、歯髄保存療法(VPT)が可能となってきました。

MTAセメントとは

メリット

・封鎖性が高い
・優れた殺菌効果
・生体親和性がある
・歯や骨の形成を促す

デメリット

・全ての症状に適応できるわけではない
・保険適用外の薬剤である
・歯の生活反応がない場合は歯の神経を取る必要がある

封鎖性が高い

一般的な歯のセメントは、固まると縮む性質があるため隙間ができやすく、細菌が侵入するリスクが高まります。MTAセメントは、固まると膨らむ性質があるため、隙間なく埋めることで細菌の繁殖を抑制できます。

優れた殺菌効果

MTAセメントは強アルカリ性の材料です。そのため、大部分の細菌を死滅させる働きを持ちます。(大部分の細菌はpH9.5で死滅しますが、MTAセメントはpH12の強アルカリ性です。)
周囲の菌を死滅させ、セメント周りの細菌の増殖を抑えることができます。
むし歯菌に感染した歯髄でも、この殺菌効果を利用することで保存できる可能性が高まり歯の寿命を延ばすことができるようになりました。

生体親和性がある

MTAセメントとは、細菌をのせて培養できるほど身体との親和性に優れた物質です。そのため使用しても身体への影響が少ないと考えられています。歯の穴を埋めるといった、身体に直接触れる部位に使用する際も、ほとんど心配いりません。

歯や骨の形成を促す

MTAセメントには、少しずつ”水酸化カルシウム”を放出することにより組織を刺激し、歯や骨の再生を促す「硬組織形成作用」があります。
どのくらい再生されるかは個人差がありますが、失った組織の再生により歯が長持ちする可能性が高まります。

歯髄保存療法を成功に導くために大切なこと

01 診査・診断を正しく行う

患者様からお伺いした症状、レントゲン、電気歯髄診等によって歯髄の生死を判断するなど、診査・診断を適切に行なっていきます。
ここでの診査・診断が成功率を左右しますのでとても大切です。

02 患者様への説明を行い、納得・同意を得てから治療を始める

どんな治療を受けるにしても、まずはお互いの信頼関係があってこそだと考えております。
当院には、認定を持ったTC(治療のコーディネーター)が在籍しています。TCより治療のメリットもデメリットをきちんとお伝えし、患者様ご自身が理解した上で治療に臨んでほしいと考えております。

03 マイクロスコープを用いて精密な治療を行う

マイクロスコープをの拡大視野下では、小さな歯髄の露出や異変を見逃しません。
どんな治療にも言えることですが、きちんと見えているということは治療の成功率を上げる上でとても大事なことです。

04 適切な材料で修復していき、長期的な安定が期待できる状況を保つ

歯髄の保存に成功したのであれば、修復物(被せ物)の精度も非常に大事です。
修復物(被せ物)の精度が悪ければ、せっかく保存できた歯髄も細菌の侵入を許し、再び歯髄に問題が生じてしまいます。

05 神経が失活していないか定期的な経過観察を行う

治療の直後は問題なく過ごしていたとしても、次第に歯髄が弱っていき 痛みもなく気付いたら死んでしまっていることが稀にあります。
定期的なレントゲン(半年から1年に1度くらい)や電機歯髄診(EPT)でのチェックは必要だと考えております。

歯髄保存療法の留意点

・露髄時または歯髄切断時に出血が止まらない、壊死していると判断される場合は、歯髄の保存不可とみなし神経を除去する処置(根管治療)に変更となります。
・治療後は約1ヶ月ほど症状の様子を見てから詰め物の治療に移ります。

歯髄保存療法の費用

費用:49,500円
※歯髄保存療法を行った歯の治療は、被せ物も保険外治療となります。

ページトップへ戻る
平野歯科・矯正歯科クリニック

〒562-0032 大阪府箕面市小野原西5-6-11-1階

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

▲9:00~17:00 [休診日] 水曜・日曜・祝日